FC2ブログ

ティーセラピスト ペルーの リラックスティータイム

お茶やハーブティーのレシピやお話を色々紹介してます!幸せなお茶の時間を送る役に立てていただけたらうれしいです。

5月 おから茶



■珍しいお茶紹介します!■

そろそろ、水出しの麦茶を冷蔵庫にスタンバイする季節ですね!
飲みなれた麦茶もおいしいけれど、
今年はこんなお茶はいかがでしょうか?


コピー ~ IMG_6088



大豆から出来た、おからのお茶
最近見つけたマイブーム茶です。
おからは「使えない」というイメージが持たれがちですが、
乾かして、フライパンで炒れば
焙煎されたお茶になるんですよ!

でも、このおから茶はティーパックになっていて、便利。
ホットで飲むとほうじ茶のような香ばしさと飲みやすさで、
食事茶にぴったり。
そして、冷やしてもおいしいので、
今年は麦茶の代わりに、おから茶で元気に過ごしませんか?






■今年の夏はおから茶■

そもそも夏に麦茶を飲むのは、ほてった体の熱を外に出してくれるなど、
理に適っている理由が色々あるのですが、
このおから茶でも十分に夏を快適に過ごせると思いました。

おからの原料は、大豆!なので、食物繊維や、イソフラボン、カルシウムが豊富なのです。
(大豆を加熱したものから、布で漉せば豆乳と「おから」ができます。)
例えば、イソフラボンはお肌や体の老化を防いだりする働きがあるそう。
日焼けしてしまった後は外からのケアの大事ですが、内側からのケアも大切になります。

また、じめじめすることの多いこの季節はつい、イライラしてしまいがち。
おから茶でカルシウムを補給して落ち着くというのもおすすめです。
そして夏は食欲が落ちて、冷たいお水はそうめんばかり食べて、
お腹の調子を悪くしやすいので、食物繊維が豊富なおから茶がお腹の調子を整えてくれます。
お茶だけではなく、その茶殻も一緒に食べるとさらにいいと思います!

そう、まるごと食べられるのですよ。


今回はおから茶を少しアレンジして、まるまる食べられるレシピを載せます!
お子様も食べられるようなおやつもあるので、
そのままで飲むおから茶に変化をつけたい場合に
ぜひ参考にしてみてください!

IMG_6111.jpg




■おからカフェオレレシピ■カフェオレボウル1人分


コピー ~ IMG_6095

・おから茶・・・1パック
・コーヒー豆・・・20g
・牛乳・・・150cc
・お湯・・・150cc

①コーヒーを挽きます。(粉コーヒーでも可)
②ドリッパーに挽いたコーヒーとおから茶を合わせてセットします。
 (おから茶はパックを切って出します。飾り用にほんの少し別にとっておきます。)

コピー ~ IMG_6093

③150ccのお湯でゆっくりドリップします。
 (約100ccのコーヒーが落ちます。)

コピー ~ IMG_6094

④牛乳を温めて、温かいまま少し泡立てます。
 (泡だて器またはミルクフォームをつくる専用の容器を使うときれいです。)
⑤③と④を合わせて、とっておいたおから茶をふりかけて出来上がり!



■お子様用おからカフェオレレシピ■

・おから茶・・・1パック
・牛乳・・・150cc(豆乳でも可)
・お湯・・・100cc

①おから茶はパックのままカップにいれます。
②お湯を注ぎ、3分くらい蒸らします。
 (ミルクと割るため少し濃く抽出しておきます。)
③牛乳をあたためて、②と合わせて出来上がり!

やさしい味のなんちゃってカフェオレが出来ます!




■おから茶パンケーキ■2人分


IMG_6106.jpg



・ホットケーキミックス・・・150g
・おから茶・・・1パック
・卵・・・1個
・牛乳・・・100cc

①ボールに卵と牛乳を入れ、軽く混ぜ
 ホットケーキミックスとおから茶(パックからとりだす。)を
 加えて、なめらかになるまで混ぜ合わせます。
②フライパンを熱して、うすく油を引きます。
 一度ぬれふきんの上に乗せ、少し冷まします。
③生地を丸く流しいれ(小さめに)、弱~中火で2分~3分秒焼きます。
 さらに裏返して2分焼きます。
④パターやはちみつをかけて、出来あがり!



お茶というイメージをはずせば、色々とアレンジが出来ます。

他には、パンの生地に混ぜて焼いたり、
生パスタの生地もおいしそう!
おからクッキーももちろん作れます。
このお茶は焙煎してあるので、
普通のおからよりもアレンジしやすそうですよ☆


最近のマイブームの紹介でしたっ。

今回は、
きれいねネットさんのおから茶を使いました!


スポンサーサイト



 | HOME |  次のページ »

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

Peru

Peru

台湾の茶産地に生まれ、幼少より台湾茶と漢方を飲んで育ち、茶芸に親しむ。
日本では世界のお茶専門店の店長を経験。
飲料の商品開発などにも携わる。
現在はティーセラピストとして活動し、中国茶とハーブティーなどの講師も担当。
自宅で世界のお茶サロンも開いている。

  • きれいねネット